今日も元気なヴーワンワン

どうでもいいことをいっぱい書くブログです

フエラムネ ジャンピングバトルコーラ味

お題「大好きなおやつ」

 

f:id:uuwanwan:20210614225406j:plain


 お題タグをつける試み…

 

 今、エビやカニのジャンプするおもちゃが入ってるかもしれないそうです。

これは買いではないでしょうか。

 

f:id:uuwanwan:20210614225413j:plain

 

ハズレました。

ピ~ッ…

JUNK HEAD見た!

見たいと思っていたのですがとっくの昔(今年の三月)に公開されていた。

ウワ~、やってしまった…とちょっとシュンとしていたのですが…

 

なんと人気があるため隣の県で公開延長されててまだ見られることに気が付いた!

 

新しい車にはカーナビが付いてるのでこの機会に使いたい…!

というわけで、映画館に直行直帰の旅に出ることにしました。

 


www.youtube.com

 (↑期間限定の公式動画、本編映像がたっぷり見られる!)

「環境破壊が止まらず、もはや地上は住めないほど汚染された。人類は地下開発を目指し、その労働力として人工生命体マリガンを創造する。ところが、自我に目覚めたマリガンが人類に反乱、地下を乗っ取ってしまう。それから1600年──遺伝子操作により永遠と言える命を得た人類は、その代償として生殖能力を失った。そんな人類に新種のウイルスが襲いかかり、人口の30%が失われる。絶滅の危機に瀕した人類は、独自に進化していたマリガンの調査を開始。政府が募集した地下調査員に、生徒が激減したダンス講師の“主人公”が名乗りを上げる。地下へと潜入し、〈死〉と隣り合わせになることで命を実感した主人公は、マリガンたちと協力して人類再生の道を探る。今、広大な地下世界の迷宮で、クセ者ぞろいのマリガンとの奇想天外な冒険が始まる!」(公式サイト様の「Story」より)

 

 

最後のスタッフロールで流れてくるお名前がほとんど堀監督ご自身のお名前でびっくりした。

もちろんほかのスタッフさんのお名前もありますが、いかにも手がかかっていそうな映画なのに少なすぎる… 

 

人類もマリガンも生殖能力を失っているのに世界観には徹底して有機的な空気があって生き物の話なんだということをすごく感じる。

失礼な言い方になってしまうかもしれないので怖いのですが、生き物的に「汚い」というか…それが生生しくて恐ろしくてたまらないです。

(主人公がもともと住んでいた地表の人間の世界は清潔だったので誤解ではないと思いますが、悪い表現かも…(汗)すいません)

 

マリガンは野生に生きる者、コミュニティを形成する者、その中にも知性の高い者、低い者、体の形状も腕があり二本の足で立っている人っぽい者や、むしろいっぱい手足がある者など様々…

キャラクターの造形も怖くてカッコいい。

唇がふっくらと形がよくて美形です。

あと馬っぽい野生種がいたのがなんか嬉しかったです。


f:id:uuwanwan:20210614002232j:image

 

おつりが出ないように払ってくださいってパーキングエリアの機械に張り紙があったので、お札を崩すためタピオカのお茶を買った。

美味しかった^^

もうすっかり冷たいお茶がおいしい季節ですね。

 

ただ心残りなのが、最初タピオカ屋さんとは知らずにとっさに入店しており、お茶にタピオカが入ってるのを見て一瞬まごついてしまった…

また普通に変な人で恥ずかしい…

 

f:id:uuwanwan:20210614002305j:plain

 

タピオカ、氷にハマってしまった。

 「嘘??」ってなりましたが、落ち着いて吸ったらちゃんと吸えたのでよかったです。

 

いやはや、初めての場所を片道一時間以上運転したので正直ヘトヘトです…

そろそろ寝なくては…おやすみなさいませ…

好きにならずにいられない【映画感想】

好きにならずにいられない(字幕版)

 

ブログを始めてから、ブログを読むようにもなり、紹介されてる私も映画見たい!と思うことが増えました。

いっぱいサブスクに登録しているなんかしらの配信サービスで即見られることもしばしば…

良い時代になったナ^///^♪と思いつつ、サブスク貧乏です。

そんなことはさておき…

 

 

こちらの映画の主人公はアイスランドに住む43歳独身男性フーシさん。

空港にお勤めで仕事ぶりは大変堅実。

穏やかで物静かな性格ですが、太り気味な体型を公然とからかって来る気分の悪い同僚に悩まされています。

 

本格的なラジコンやミリタリージオラマが趣味でご友人もいますけど、ご近所からは不気味な人扱いでご近所の女の子に懐かれて遊び相手をしていただけで不審の目を向けられるなど結構しんどい感じの生活を送っていました。

 

お誕生日に同居しているお母さまとその恋人の方から、ダンス教室のクーポンを贈られ訪れた際にシェヴンさんという女性と出会い、恋に落ちるのですが…という話。

 

このシェヴンさんという女性はやや精神的に不安定な状況にあり、時には機嫌よくフーシさんを迎えるものの、あるときは怒鳴って追い返してしまうときもある。

恋愛初心者のフーシさんは悉く振り回されるものの献身的に彼女を支えます。

人生とか、恋愛とか難しいので終始憂うつな雰囲気が漂っていますが、ラスト初めて飛行機に乗りエジプト旅行に飛び出そうとするフーシさんの表情が痛快です。

 

なんというか、ずーっと天気同様アンニュイ(柔らかい表現)な出来事がてんこ盛りです。

特にヒュッっとしたのが、ご近所さんの小さな女の子のお友達との話。

遊んでくれ~っていうのでもてなしたり、一緒にお出かけしたら、お父様にめっちゃ怒られて通報されるっていう。

小さい子が悪いわけではないのです。

ただ小さい子の言うことは大人のこっちが警戒しなくてはいけないのが難しい…

私は嫌い、ではないのですが子供の方(なんつう言い方…)がちょっと怖くてですね…(汗)

 

去年無職で暇してたとき、近所の大きめの公園を巡って散歩してた時期があったんです…

その時に小さな男の子に「変な人がいる!」と指をさされたことがあって…

 

一緒に公園に来ていたその子のおばあさまが「そんなこと言っちゃダメでしょ!!??すいません!!!!すいません!!!!ママに叱ってもらいますからね!!!!!ママ!!!ママ~~~ッ!!!(弟さんと一緒にいたおかあさまが「どうしました~?」って遠くから駆け寄ってくる)」ってパニックになってて、私も驚いてしまいなんも言えずそのまま帰宅…

 

ご指摘は確かに一理あるわけです。

だってまるっきり変態の行動なので。

でも正直多大なショックを受けてしまったため、以来散歩は止めました…(悲)

 

これでも数か月前までは一生懸命働いて納税してたから、この公園の整備や維持などにも寄与していたはずなんだ…って自分を慰めましたがなかなかに衝撃的な出来事だったんです…(悲)

笑えますよネ~~~♪♪♪

 

ま!

そんなことはさておき(二回目)。

フーシさんとシェヴンさんがデートのとき、アイスランドの回転寿司屋さんで白ワイン飲んでましたね…

アイスランドでは回転寿司屋さんって素敵なレストランみたいな感じなんですかね?

いいなぁ~

最近見つけた好きな曲

今日も普通に仕事行って帰ってきただけで特にご報告事項がないため、最近見つけた好きな曲をご紹介したいと思います!


公式さんから出ているユーチューブさんの動画ととアマゾンさんから引用して貼り付けていますが、問題あったら消しますね…

 


www.youtube.com

「僕らの出会いは必然だよ ベイビー 」

 

結局大人になってもこういうボーイミーツガールな曲に普通に涙が出てしまうのでありました…

 


www.youtube.com

「また夢を見てたんだろう、明日も見えない世界で」

 

おしゃれだ。凝った作りが嬉しい…

動画のコメント欄で考察がはかどっているのもまたなんとなく胸が躍ります…

 

 

 「風も音も光も追い越しちゃって、誰も知らない明日へ進め!」

 

ありがとう…ありがとう…

 


www.youtube.com

「泣いたり笑ったりする時、君の命が揺れる時、誰より、近くで、特等席で、僕も同じように息をしていたい」

 

ポケモンの記憶…

幼稚園生のとき、延長保育(っていうのかな?)のクラスでポケットモンスターの青のソフトを持っている男の子が自慢してたのを見たのが一番古い記憶かもしれない。

青のソフトは雑誌の通信販売でしか買えなかったんですよね。

 

確か私はしばらくして赤を買ってもらったんだと思うんです。

チャンピオンロードのファイヤー(いましたよね?)のためにとっておいたマスターボールを妹が勝手にサイホーンを捕まえるために使ったのに激怒したことがあった。

マスターボールサイホーンなんか捕まえるやついないよ!!!」って癇癪起こして…

 

今なら妹もサイホーンも悪くないのわかりますが、当時はとにかくショックでただただ涙が止まらなかったんですよね。

 

あとは弟がルビーを遊んでいて、それを見ていたところまでかなあ。

アニメは見てたな。そういや実写(?)の映画見たなあ。よかったですよね。

 

世界中で今もこんなにポケモンを愛している人がたくさんいて、ちょびっとかじっただけの私ですらこの動画を見て懐かしくて胸がいっぱいになってしまうんですからポケットモンスターって偉大ですよね。

 

 「この惑星で、ただ一つだけ、変わらないものがそこにはあって」

 

高校生の時だったら、出た途端歌の練習してたな…

 

躍動

躍動

  • FlyingDog
Amazon

 「嘘偽りのない躍動だけ信じてる」

 

ずーっと坂本真綾さんが好きでして。

らしい曲だと思う。血が沸きました。

 

ロマンス

ロマンス

  • Avoc"ad Muzik
Amazon

 「愛に気づいてください、僕が抱きしめてあげる」」

 

言わずと知れたあの名曲を「二人目のジャイアン」さんがカバーしたやつ!
アゲアゲで良い!◎です!

 


www.youtube.com

「ランラランわかった まずはやっちゃうね」

 

PVも曲もとっても楽しい…
実はラブライブに詳しくないのですが、こんなにいろんなアーティストさんとコラボしたりしているとは。

本当に存在しているアイドルみたいでびっくりです。すごいパワーのある作品だ。

この子は花丸ちゃんっていうんですって。

良いお名前ですよね。

 

キリなくなってきたからここでストップするか…

つまり、申し上げたいことはこの世は素敵な曲にあふれてますねってことです!

マダム・プティ読んだ!【漫画感想】

マダム・プティ 11 (花とゆめコミックス)

 

1920年末、たった十六歳の主人公万里子ちゃんは実家の借金のために三十歳も年上の男性俊さんのもとに嫁ぐことになりました。

とはいえ、小さなころから憧れていたお相手で、万里子ちゃんは正直なところ胸をときめかせていました。

しかしながら新婚旅行で乗ったオリエント急行の車中で、なんと夫の俊さんが殺人事件の被害者となってしまい…って感じ。

 

つまり、万里子ちゃんはいきなりたった十六歳にして未亡人になってしまったのです。

 

たまたまオリエント急行に乗り合わせていた藩の国の第二王子ニーラムさんが万里子ちゃんを何かと気にかけ二人はひかれあうのですが。

…困難多っ!なのです(笑)

 

二人には愛だけがあり、後は生まれた国も、育った環境も、価値観もハチャメチャ異なっています。

しかし数々の試練に打ち勝ち、愛が結実するわけです。

本人たちも含め、たくさんの人の苦しみや悲しみやややもするとグロテスクともいえるような運命と共に…

 

先生の書くお話はいつも、もがいたり憎んだりの悪い感情と同時に幸せもあり完璧な形でなくても最後にはそれを主人公がしっかり掴んでくれるので救いです。

苦しいけど前向きで悲しみに落ちてしまわない、というか。 

上手くいくなら少女漫画だよ、ってことかもしれないけど少女漫画だからいいのです。

 

そして先生の絵は本当に笑顔がいいんです。

作品を読むたび、人生はこうあってほしいって結構本気で思ってしまう…

明るい気持ちになれる!

おススメです(*^▽^*)v

カテゴリ~

f:id:uuwanwan:20210607235432p:plain

気がついたらもう60以上ブログを書いていた…!

思ったより一生懸命やってるな。

どうでもいいけど、この画像はペイントでカテゴリをイメージして5分で書きました。 

にぎやかしです。

 

しかしまあ…、気ままに書いていたので内容バラバラだ。

そろそろ整理したいなと思ったら、カテゴリー分けができるということに今更気がつきました。

やりたい!

 

それでここ何個かはカテゴリーをつけてみてるんですが、この土日に全部ポチポチっと分けちゃえばよかったです(汗)

すぐ先延ばし後回ししてしまうの治らない…

近いうちにやろうと思います…(´▽`;)ゞ

 

…と思っていましたが、今やりました!
ごくざっくりとですが、何気に大変だった。

自分でも何を何ブログ(単位??)書いているのかちょっと気にならないというわけでもない。

いい機会です。 

 

1 雑談 23ブログ

→このブログも雑談になるかな…

 作業したやつとかも入れたから数が多くなった。

 

2 本感想 9ブログ

 →へえ~もっと読んでるかと思ったけどこんなもんか~

 

3 映画感想 8ブログ

 →へえ~

 

へえ~…大体順当な予想通りの結果で言うことがないな!

 

シェフ!〜三ツ星レストランの舞台裏へようこそ〜【映画感想】

シェフ!〜三ツ星レストランの舞台裏へようこそ〜 (吹替版)

料理の才能に恵まれながらもこだわりが強すぎてどのレストランでも追い出されまくりのジャッキーさんが、奥様の妊娠を機にケンカしないで済みそうなペンキ屋に転職。

そんなジャッキーさんと高級フレンチレストラン「カルゴ・ラガルド」の有名シェフだけど絶賛スランプ中のラガルドさんが出会い、店の三ツ星を維持すべく新メニューを開発のためタッグを組む!って話。

 

フランスコメディ初めてですが面白くて時間が短く感じる。

実際に84分とコンパクト。

しかもお料理もすごくおいしそうです。

 

分子料理とか本当にあるのかな??って調べたらこの前一人でやってた、ふしぎ玉をレンゲに乗せたみたいな料理の画像が出てきた。

主人公たちが近未来的なレストランで困惑していたけど、私も「???」です。

いやあ、料理の道は奥深いようですね…。

 

そういえばラガルドさんは、ジャンレノさんが演じています。

全然関係ないですけど、ジャンレノさんってちょっと面白い役でCMに出てたけどなぜですか?(ほんとになんで?)

 

すかっとしたいときに、しゅっと見られて、わっと楽しい映画でした。

おススメです!